SEOに効果的 文章作成術

WEBマーケティングで稼ぐ為に必要な幾つかのこと





今までのWEBマーケティング方法は、LPを作る → PPC広告を出すが基本でした。
*LPとはお客様からサービスの申し込みや商品の購入という行動を引き出すことを目的としたランニングページのことです。ランニングページにはECサイトも含まれます。
*PPC広告とは、代表的なGoogleのアドワーズやYahooのプロモーション広告が有名です。

今までの方法では、利益率広告単価に左右されてしまいます。PPC広告の単価は現在高騰している状態です。最近では、グーグルのアルゴリズムの変更によりグーグルからペナルティーを受けたSEO集客で壊滅的なダメージを受けてしまい、その結果PPC広告予算を増やす以外にインターネットで集客して稼ぐ選択肢が無くなってしまい、その要因でPPC広告単価が高騰する結果に繋がっています。

グーグルのPPC広告

ヤフーのプロモーション広告

今までのネットで稼ぐやり方で大丈夫ですか?

ネット広告費は年々増加しています。下記資料は年度別のネット宣伝広告費をグラフにしたものですが、広告費が増えることでPPC単価も増えていくことが予想されます。今までと同じやり方でネットで稼いでいる企業や個人も利益率がぐんぐんと下がっていくことが予想されます。

インターネットの世界は日々進化していて、少しよそ見をしていると置いていかれる状態です。時代についていけない人は、楽に稼ごうと考えてしまい「一日5分で月30万円稼げます。」など詐欺的な広告をネットの世界に沢山だしてしまいます。




ネットで稼ぐ【SEOに効果的 文章作成術4】

サイト内ブログ対サイト外ブログ

無料ブログ有料ブログでは、どこが違うでしょうか?一般的には、無料ブログは使い勝手が悪く、提供元の都合でブログを削除されてしまうリスクがあるのが一番のネックです。無料ブログで収益を上げていても、翌日には削除されてしまうとすべてが無くなります。一方、有料ブログを使用する場合は、使い勝手がよく、ブログは削除されませんが、費用が発生することが一番のネックです。お金をかけてブログを作っても収益が上がらないことは良くある話です。

有料ブログの代表的なワードプレスなどを使うと、サイト内ブログを持つことができます。一方、アメブロなどの無料ブログを利用して、サイト外ブログを持つことも一つの選択肢です。サイト内ブログとサイト外ブログでは、SEO的にどんな違いがあるのでしょう。

基本的に、アメブロなどの無料ブログは外部ブログとして使用されます。リンクを無料ブログから自分の有料ブログに飛ばすこと(外部リンク)により、リンク対策という観点で外部要素の強化に繋がります。

サイト内ブログは、自分のサイト内にもう一つのブログを作ることにより内部要素の強化やコンテンツの充実に繋がります。ですので、サイト内ブログとサイト外ブログのSEO対策に関しては、個人でサーバーを借りてドメインを取得した場合にSEOに効果的な方法と言えます。

このサイト内ブログとサイト外ブログの考え方は、被リンク対策や内部要素・外部要素についての考え方に直結するのでとてもネットで稼ぐ為には重要です。

サイト内ブログで有名な会社は、サイバーエージェントのアメブロや楽天の楽天ブログなどが有名です。自社のホームページ内にブログを持つことで価値やコンテンツの充実を図り、ユーザーにとって便利な情報を多く集めて売上を伸ばしてネットで稼いでいます。

個人でサイト内ブログを行っていくには大変です。基本的な考え方は、コンテンツの充実と考えれば分かりやすいかも知れませんね。

 




ネットで稼ぐ【SEOに効果的 文章作成術3-2】

キーワード選定の3ステップ

***********************
2. 関連キーワードを探す
***********************
関連キーワードを探すには、いろいろな方法があります。代表的な例を見てください。
ネットで稼ぐにはとても重要になります。

グーグルで「ファンデーション」と検索を行い、スペースキーを押すと上記関連キーワードが表示されます。一般的には関連キーワードと呼ばれるものでSEOにとても大切なところになります。

画像が見にくいので下記に記載します。
ファンデーション
ファンデーション おすすめ
ファンデーション 口コミ
ファンデーション ランキング
ファンデーション ブラシ

などの順に表示されました。

*グーグルで検索結果が表示された一番最後に関連する検索キーワードが表示されます。

*ヤフーの検索結果の上位に関連キーワードが表示されます。(虫眼鏡キーワード)

関連キーワードを探す方法にはいろいろありますが、最初はグーグルやヤフーに表示されている中から選んでいくことをおすすめします。キーワード選定はとてもネットで稼ぐアフィリエイトでは重要でネットで稼ぐ方法には必要不可欠なスキルになってきます。

********************
3. 月間検索数を調べる
********************

検索数を調べる方法にはグーグルが無料提供しているアドワーズキーワードプランナーを使用します。キーワード月間件数を参考にアクセスを自分のサイトにどのくらい訪問してもらえるかを予測して、検索上位表示を目指します。はじめはうまくいかないことが多くて発生すると思いますが、自分で予測してからサイト作成に取り掛かるよう心がけて行くようにしましょう。ネットで稼ぐにはいろいろな情報を集めて実行して検証することが重要です。

実際に「ファンデーション」を例に月間検索数を調べます。

「ファンデーション」        月間平均1万~10万アクセス
「ファンデーション おすすめ」   月間平均1万~10万アクセス
「ファンデーション ランキング」  月間平均1万~10万アクセス
「ファンデーション 口コミ」    月間平均1万~10万アクセス
「ベアミネラル オリジナル ファンデーション 効果」 検索結果なし
「ベアミネラル オリジナル ファンデーション」 月間平均100~1000アクセス

簡単に調べてみました。実際に上記キーワードを検索して見て、どのようなサイトトップページに表示しているのか見てくださいね。このキーワードとSEOの関連性はネットで稼ぐ為には重要です。実際に表品を購入してくれる見込み客はベアミネラルオリジナルファンデーションと検索する人やファンデーションのおすすめ(ランキング)を紹介しているサイトが考えられます。

ネットで稼ぐ【SEOに効果的 文章作成術3-1】

キーワード選定の3ステップ

***********************************
1. ユーザーが使うキーワードを創造する
********************************
適切なキーワードをどのように調べていけば良いでしょうか?3つのステップで考えていきます。

アフィリエイトで人気の「美容系」のサイトを検索順位で上位表示を目指していきたいと考えたとします。「美容」のキーワードはビックキーワードと呼ばれていて月間検索数は約1万~10万検索あり、関連候補を含めると月間検索数100万~1000万アクセスになります。これだけのアクセスがあればネットで稼ぐにはとても楽です。

ここで一つ気になることが発生します。「美容」で検索された方はどういったことを調べたいのでしょうか?美容院や美容の資格、美容方法などターゲットが広すぎて困ってしまいます。「美容」と言うキーワードで検索してきた人に美容院の案内をしても日本という広範囲で美容院をおすすめするにはとても難しいです。

そこでもう少しターゲットを絞っていくことにします。美容系の「ファンデーション」をキーワードに設定していきます。ファンデーションとは、顔のシミそばかすなどを覆い隠して肌の表面を整える商品です。ファンデーションには、パウダータイプやクリームタイプ、リキッドタイプなどの種類があり、ファンデーションといっても種類が多く存在します。また、肌の乾燥や紫外線をカットする役割もあるので、個々の種類求める効果も多数存在してくるためサイト作成をするにはまだ膨大な情報を書いていかなければなりません。

基本的にアフィリエイトで一般的な手法としては、「サービスや商品名」+○○と選定することでネットで稼いでいる方を多く見かけます。

「ファンデーション おすすめ」
「ファンデーション 人気」
「ファンデーション 口コミ」

「ベアミネラル オリジナル ファンデーション 効果」
「クリニーク ビヨンド パーフェクティング パウダー ファンデーション」

上記のようにターゲットを絞り込むことは、ネットで稼ぐ為に必要な考え方です。

ネットで稼ぐ【SEOに効果的 文章作成術2】

見込み客に検索されるキーワードの選び方

キーワード選びの失敗例
ネットで稼ぐ為に重要となるキーワード選定ですが、アフィリエイトをする人にとって最も大切なお話です。キーワード選定の考え方を間違えてしまうと全く稼ぐことができないので注意が必要です。では、私自身の考え方を再認識することも含めてお話していきます。

自分の名前をインターネットで検索すると、同姓同名が多い人以外の人は自分の公開しているFacebookやブログがトップ(1ページ目)に表示されると思います。自分の名前を検索する人は恐らく家族や親戚ぐらいでしょう。検索キーワードでまず気をつけたいのが、アフィリエイトなどで扱う商品やサービスがどれくらい検索されているかチェックすることから始めます。そもそも検索キーワードで検索されないキーワード上位に表示されても意味がないからです。

次に、ビックキーワードにも注意が必要です。キーワード選定で「美容」「保険」「パソコン」などが代表的なビックキーワードですが、それらのキーワードで上位に表示させようとするには初心者には険しい道のりです。多くの上級者や企業がビックキーワードを狙って既に何年も前から作り上げていっているサイトが多いです。では、どうやってキーワードを選定すればよいでしょう?

実際に1つキーワード選定をしていきましょう。

今回は「FXの口座開設」を例に考えていきたいと思います。FXの口座開設をアフィリエイトしてみることで注意していかなくてはいけないことが多く発生します。まずは、FX口座開設で検索キーワードを考えます。FXで口座開設しようと考えている人はどういったキーワードで検索するでしょうか?

FXで口座開設する人の多くは、「FX」「FX口座」「FX初心者」などのキーワードで検索される可能性が高いと考えられます。「FX」などのビックキーワードは月間約10万~100万アクセス見込めるキーワードになっていますが、上位表示を目指すには険しい道のりです。実際にご自身で検索してみて上位表示されているサイトを見てください。とてもボリュームがあるサイトが上位表示されていることでしょう。こういったビックキーワードはなるべく避けて違った方法でキーワードを選定することをお勧めします。では、後日にキーワード選定の選び方をお話します。

ネットで稼ぐ【SEOに効果的 文章作成術1】副業編

2012年に日本に入ってきたパンダアップデートペンギンアップデートはグーグルの新しいアルゴリズムです。

小手先のSEOを行っていたサイトにペナルティーを与え、検索順の圏外まで飛ばしてしまうアフィリエイターにとってとても怖いアルゴリズムです。これまでサイトで数万円~数十万円稼いでいた利益が一瞬で0円になってしまいます。

しかし、利用者目線ではこのパンダペンギンのアルゴリズムは良いことです。利用者が検索した結果内容が自分の考えてる内容と違う場合、使いにくいと思われてしまいます。こんなことが発生してしまうと検索結果を大切にしているグーグルにとってマイナスになってしまいます。

ネットで稼ぐことが難しく、ますます利用者目線での改革が進んでいくことでしょう。

パンダアップデートを簡単に説明すると、リンクに対する取り締まりを行っています。サイトと関係のない無料ブログなどから自作自演のないかなど取り締まりを行い監視しています。

ペンギンアップデートコンテンツに対して取り締まりを行っています。インターネット上の他社サイトからコピーして掲載していないか?利用者にとって低品質なコンテンツを提供していないかどを取り締り監視しています


SEOにおける外部要素と内部要素

グーグルは、サイト順位を決める為のアルゴリズムを持っています。アルゴリズムは一般的に公表はしていませんが、基本的に外部要素と内部要素で判断しています。

外部要素

判断基準として「リンクがたくさん貼られているサイトは良いサイト」として評価しています。特にヤフーアマゾン楽天などの人気のあるサイトからのリンクは良いサイトとして評価される場合があります。ここでアフィリエイトをしている人にとっては問題が発生します。

リンクを自作自演で貼ってしまうとリスクが生じてしまう反面、検索上位表示をなるべく早く行いたいと考えます。このテーマを解決する方法はなかなか難しいと考えています。利用者の為になるサイトを基本概念に持ち稼げるサイトを作成していくしかないでしょう。

内部要素

内部要素は、提供しているコンテンツキーワード関連性がとても重要になってきます。例えば「コンテンツのページ内にAというキーワードが書かれていれば、Aについて説明しているコンテンツである」とグーグルは評価します。

ある程度の出現率キーワードが書かれているサイトやページ数が多いサイトなどが検索エンジンで上位表示されます。コンテンツ内のキーワード出現率は多ければ良いことではないので注意が必要です。

最近のコンテンツは、ページ内文字数にも注意しないといけないことがあります。以前は1ページ内の文字数を意識して書くことが今よりも無かったのでアフィリエイトを始める人にもよかったのですが・・・文章を「書く力」が必要不可欠になりました。

現在は、1ページ1000文字前後が良いと言われていますが定かではありません。文字数が1000文字のページを量産して作って行くのか、または、2000~3000文字のページを1枚にまとめて情報を発信していくことが良いのか難しい判断ですね。(ペらページと呼ばれる方法です。)


最近見かけなくなってきている、リンク販売や他社サイトのコンテンツコピーも無くなっていくことでしょう。グーグルの上位表示に必要不可欠なSEOですが、この他にもさまざまな方法が存在します。ドメインの評価サーバーの表示スピードなどあります。基本的には、コンテンツを分かりやすく利用者にとって役に立つコンテンツを作っていくことがいいでしょう。

ここまでの文字数が約1500文字前後です。なかなかのボリュームと思いますが、アフィリエイトを続けていくに文章を書くことは大変ですが、ネットで稼ぐ為に頑張っていきます。


 

ネットで稼ぐ【SEOに効果的 文章作成術】副業編

はじめに・・・

2012年以降グーグルの検索順位を決めるアルゴリズムが変化しています。
ペンギンアップデートパンダアップデートハミングバードなどと呼ばれている「アルゴリズムの変更」です。これは、グーグルを使用するユーザーにとっては良いことだと考えています。
ここからは憶測でお話しますが、グーグルが目指しているのは利用者にとって役立つサイトを上位表示してユーザーにとって快適な検索エンジンを構築することです。

2012年以前は、被リンクと呼ばれる手法などを用いて検索上位にサイトを表示させる行為が目立ちました。その内容は、ユーザーにとって便利な役に立つ情報が少なかった気がします。

では、今後のインターネット社会で必要なスキルといえばどういったことでしょうか?
それは、ユーザーに役立つコンテンツを作り上げることになっていくと思います。
具体的には、企画力や文章作成能力などコンテンツを作る上で必要なスキルで、2012年以前のこて先の技術での成功は難しいのが現状です。

ネットでよく見る詐欺的な宣伝「一日で数十万円」稼げます。という内容の広告を見かけたことはありませんか?これは、今まで簡単に稼ぐことができてた人が楽に稼ぐ方法です。
気をつけてくださいね。

ほとんどが今までのグーグルを活用してお金を稼いでいた人が、今現在は難しくなっています。
稼ぐ方法でユーチューブやライン@などを利用して稼ぐ方法や株やFXなどの投資関係がほとんどで実際のネットビジネスでは稼げていません。

私は今までネットで稼ぐ事を実証していますが、特にアフィリエイトなど検索上位にすることはとても難しく時間がかかることだと認識しています。

インターネットで稼ぐ方法には幾つかの方法が存在しますが、自分にとって力をつける方法で稼いでいきます。コンテンツのライティング技術・Webサイトの構築方法・SEO解析など勉強していかないといけないことが多くあります。

最後に、このサイトではインターネットで稼ぐ為に必要な知識や自分で結果が出た方法などを詳しく説明して、サイトを見にきて下さった方に役立つ情報を発信していけたらなと考えていますので
よろしくお願いします。