WEBマーケティングで稼ぐ為に必要な幾つかのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加





今までのWEBマーケティング方法は、LPを作る → PPC広告を出すが基本でした。
*LPとはお客様からサービスの申し込みや商品の購入という行動を引き出すことを目的としたランニングページのことです。ランニングページにはECサイトも含まれます。
*PPC広告とは、代表的なGoogleのアドワーズやYahooのプロモーション広告が有名です。

今までの方法では、利益率広告単価に左右されてしまいます。PPC広告の単価は現在高騰している状態です。最近では、グーグルのアルゴリズムの変更によりグーグルからペナルティーを受けたSEO集客で壊滅的なダメージを受けてしまい、その結果PPC広告予算を増やす以外にインターネットで集客して稼ぐ選択肢が無くなってしまい、その要因でPPC広告単価が高騰する結果に繋がっています。

グーグルのPPC広告

ヤフーのプロモーション広告

今までのネットで稼ぐやり方で大丈夫ですか?

ネット広告費は年々増加しています。下記資料は年度別のネット宣伝広告費をグラフにしたものですが、広告費が増えることでPPC単価も増えていくことが予想されます。今までと同じやり方でネットで稼いでいる企業や個人も利益率がぐんぐんと下がっていくことが予想されます。

インターネットの世界は日々進化していて、少しよそ見をしていると置いていかれる状態です。時代についていけない人は、楽に稼ごうと考えてしまい「一日5分で月30万円稼げます。」など詐欺的な広告をネットの世界に沢山だしてしまいます。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す