ネットで稼ぐ【SEOに効果的 文章作成術1】副業編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年に日本に入ってきたパンダアップデートペンギンアップデートはグーグルの新しいアルゴリズムです。

小手先のSEOを行っていたサイトにペナルティーを与え、検索順の圏外まで飛ばしてしまうアフィリエイターにとってとても怖いアルゴリズムです。これまでサイトで数万円~数十万円稼いでいた利益が一瞬で0円になってしまいます。

しかし、利用者目線ではこのパンダペンギンのアルゴリズムは良いことです。利用者が検索した結果内容が自分の考えてる内容と違う場合、使いにくいと思われてしまいます。こんなことが発生してしまうと検索結果を大切にしているグーグルにとってマイナスになってしまいます。

ネットで稼ぐことが難しく、ますます利用者目線での改革が進んでいくことでしょう。

パンダアップデートを簡単に説明すると、リンクに対する取り締まりを行っています。サイトと関係のない無料ブログなどから自作自演のないかなど取り締まりを行い監視しています。

ペンギンアップデートコンテンツに対して取り締まりを行っています。インターネット上の他社サイトからコピーして掲載していないか?利用者にとって低品質なコンテンツを提供していないかどを取り締り監視しています


SEOにおける外部要素と内部要素

グーグルは、サイト順位を決める為のアルゴリズムを持っています。アルゴリズムは一般的に公表はしていませんが、基本的に外部要素と内部要素で判断しています。

外部要素

判断基準として「リンクがたくさん貼られているサイトは良いサイト」として評価しています。特にヤフーアマゾン楽天などの人気のあるサイトからのリンクは良いサイトとして評価される場合があります。ここでアフィリエイトをしている人にとっては問題が発生します。

リンクを自作自演で貼ってしまうとリスクが生じてしまう反面、検索上位表示をなるべく早く行いたいと考えます。このテーマを解決する方法はなかなか難しいと考えています。利用者の為になるサイトを基本概念に持ち稼げるサイトを作成していくしかないでしょう。

内部要素

内部要素は、提供しているコンテンツキーワード関連性がとても重要になってきます。例えば「コンテンツのページ内にAというキーワードが書かれていれば、Aについて説明しているコンテンツである」とグーグルは評価します。

ある程度の出現率キーワードが書かれているサイトやページ数が多いサイトなどが検索エンジンで上位表示されます。コンテンツ内のキーワード出現率は多ければ良いことではないので注意が必要です。

最近のコンテンツは、ページ内文字数にも注意しないといけないことがあります。以前は1ページ内の文字数を意識して書くことが今よりも無かったのでアフィリエイトを始める人にもよかったのですが・・・文章を「書く力」が必要不可欠になりました。

現在は、1ページ1000文字前後が良いと言われていますが定かではありません。文字数が1000文字のページを量産して作って行くのか、または、2000~3000文字のページを1枚にまとめて情報を発信していくことが良いのか難しい判断ですね。(ペらページと呼ばれる方法です。)


最近見かけなくなってきている、リンク販売や他社サイトのコンテンツコピーも無くなっていくことでしょう。グーグルの上位表示に必要不可欠なSEOですが、この他にもさまざまな方法が存在します。ドメインの評価サーバーの表示スピードなどあります。基本的には、コンテンツを分かりやすく利用者にとって役に立つコンテンツを作っていくことがいいでしょう。

ここまでの文字数が約1500文字前後です。なかなかのボリュームと思いますが、アフィリエイトを続けていくに文章を書くことは大変ですが、ネットで稼ぐ為に頑張っていきます。


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す