ネットで稼ぐ【SEOに効果的 文章作成術2】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

見込み客に検索されるキーワードの選び方

キーワード選びの失敗例
ネットで稼ぐ為に重要となるキーワード選定ですが、アフィリエイトをする人にとって最も大切なお話です。キーワード選定の考え方を間違えてしまうと全く稼ぐことができないので注意が必要です。では、私自身の考え方を再認識することも含めてお話していきます。

自分の名前をインターネットで検索すると、同姓同名が多い人以外の人は自分の公開しているFacebookやブログがトップ(1ページ目)に表示されると思います。自分の名前を検索する人は恐らく家族や親戚ぐらいでしょう。検索キーワードでまず気をつけたいのが、アフィリエイトなどで扱う商品やサービスがどれくらい検索されているかチェックすることから始めます。そもそも検索キーワードで検索されないキーワード上位に表示されても意味がないからです。

次に、ビックキーワードにも注意が必要です。キーワード選定で「美容」「保険」「パソコン」などが代表的なビックキーワードですが、それらのキーワードで上位に表示させようとするには初心者には険しい道のりです。多くの上級者や企業がビックキーワードを狙って既に何年も前から作り上げていっているサイトが多いです。では、どうやってキーワードを選定すればよいでしょう?

実際に1つキーワード選定をしていきましょう。

今回は「FXの口座開設」を例に考えていきたいと思います。FXの口座開設をアフィリエイトしてみることで注意していかなくてはいけないことが多く発生します。まずは、FX口座開設で検索キーワードを考えます。FXで口座開設しようと考えている人はどういったキーワードで検索するでしょうか?

FXで口座開設する人の多くは、「FX」「FX口座」「FX初心者」などのキーワードで検索される可能性が高いと考えられます。「FX」などのビックキーワードは月間約10万~100万アクセス見込めるキーワードになっていますが、上位表示を目指すには険しい道のりです。実際にご自身で検索してみて上位表示されているサイトを見てください。とてもボリュームがあるサイトが上位表示されていることでしょう。こういったビックキーワードはなるべく避けて違った方法でキーワードを選定することをお勧めします。では、後日にキーワード選定の選び方をお話します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す